熟年であっても出会いは探せる?年齢を気にせず相手を見つけられる方法

日本は世界で一番平均寿命が長い国であり、健康寿命に関しても順調に伸びています。少子高齢化によって労働力の減少などが不安視されている一方、年齢を重ねても元気な人が増えているため、定年の見直しなども進んでいるでしょう。

実際のところ、「人生は熟年になってからが本番」と考えている人も少なくはなく、若い頃にはできなかったことを楽しめるチャンスです。また、熟年になってから出会いを探す人もいるように、恋愛や結婚は若い世代の特権というわけではありません。

熟年であっても出会いが探せるかどうか気になっている方向けに、『年齢を気にせず相手を見つける方法』についてご紹介いたします。

熟年になってから出会いを探す人は増えている?

近年は熟年になってから出会いを探す人は増えており、それに対応したサービスを提供する企業も増加傾向にあります。これは単純に熟年世代の割合が増えてきたことも関係していますが、やはり『年齢を重ねても元気な人』が目立つようになってきたからですね。

大昔には50歳まで生きたら十分なんて時代もあったのですが、今は80歳まで生きる人も珍しくなく、長寿大国としてその記録は更新が続いています。そうなると熟年世代であっても「まだまだこれからだし、新しいパートナーが欲しい」と考えるのは自然でしょう。

しかし熟年になると「今はどんな方法で相手を探せばいいのかな?」と悩むこともあるでしょうから、これよりおすすめの方法をご紹介いたします。

熟年におすすめの方法1.マッチングアプリ

熟年が出会いを探すなら、マッチングアプリはかなりおすすめです。「こういうのは若い人じゃないと難しそう…」なんて感じる人も多いかと思いますが、今は熟年の人でも普通に使っているでしょう。

実際のところ操作も簡単であり、仕事や私生活でパソコンを触ったことがあるなら特に問題ありません。また、今は年齢に関係なくスマホを持つ人が多いように、スマホ一台あれば登録から利用までこなせるでしょう。

また、熟年世代にも向いたマッチングアプリもありますから、自分の理想に近いサービスを探す価値があります。

熟年におすすめの方法2.結婚相談所

熟年の方が出会いを探す場合、再婚を検討しているケースが多いかと思います。結婚していたものの何らかの理由でパートナーがいなくなった場合、「今からでもまた人生のパートナーが欲しい…」と感じるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、結婚相談所です。ここは文字通り結婚相手を探すことに特化しており、専用の相談員がいるのでマッチングアプリよりもお任せで使いやすくなっています。また、ネットから利用できる相談所も増えてきました。

マッチングアプリに比べると費用が高いため、利用の際は慎重さも必要です。その分早く結婚相手が見つかりやすいので、急いでいる場合にもおすすめです。

熟年におすすめの方法3.婚活パーティー

インターネットを使った方法が合わない場合、婚活パーティーを利用するのも手です。こうした集まりでは主に結婚相手を探している男女が集まり、楽しく会話しつつ新しいパートナーを探すことができるでしょう。

婚活パーティーはある程度テーマが決まっていることが多いので、熟年向けの催しに参加するのがおすすめです。若い人や特定の職業に就いている人向けである可能性もあり得るので、募集要項については一度目を通しておくべきでしょう。

なお、ネットを使った方法に比べると見た目の良さが重要視されやすいので、その点に自信がない場合はやや厳しいかもしれません。また、コミュニケーション能力も重要でしょう。

熟年におすすめの方法4.コミュニティ

インターネットを使わないもう一つの方法として、コミュニティへの参加があります。どんな地域にも様々なコミュニティが存在していますが、それらへ顔を出せば年齢の近い人と仲良くなれる可能性があります。

コミュニティに参加する場合、できるだけ興味のある分野に絞って探しましょう。興味がないのに参加すると「この人は出会いしか興味がないのか…」という冷めた目で見られやすいため、逆に出会いがなくなるかもしれません。

なお、コミュニティによって新規でも入りやすいかどうかが変わります。もしも知人が既に参加している場合、その伝手を頼るとスムーズでしょう。

熟年でも素敵な出会いは見つけられる

熟年になると終活なども意識し始めるかもしれませんが、まだまだ素敵な出会いを見つけるチャンスがあります。特に現代はインターネットを使うことでより幅広く相手を探せるようになっていますから、ネット環境があるなら積極的に活用してみましょう。

もちろんネット以外の方法と併用すればさらに出会いが増やせますので、活動的に相手を探したい人は検討してください。出会いというのは年齢に関係なく『自分から動く人』に訪れるものですから、新しいパートナーが欲しいなら積極的になってみましょう。

コメント